坐骨神経痛とは?

皆様、こんにちは。脊椎外科医の遠藤です。

今回は、坐骨神経痛についてお話させていただきたいと思います。

目次

坐骨神経とは?

坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)とは、どういったものなのでしょうか?

坐骨神経から来る痛みというのは、想像できるかと思います。

では、坐骨神経とはどんな神経なのでしょうか。詳しく解説してまいります。

坐骨神経は、単独の神経ではなく、腰の脊柱管の中を通っている神経が、腰を出て足に向かう途中で、何本も束(たば)になって坐骨神経となるのです。

下の絵は、向かって左の絵が腰を後ろから、右の絵が腰を横から見ています。

腰から出た細い神経が、数本集まって1本の太い神経(坐骨神経)になるのです。

この坐骨神経が、何らかの原因によって障害を受けてしまうと、坐骨神経痛という痛みを引き起こします。

坐骨神経痛の症状

坐骨神経痛の症状は、お尻から太ももの外側にかけての痛みです。

下の絵で言うと、赤い範囲の痛みです。

どういった時に、坐骨神経痛が起こるかというのは、人それぞれです。椅子から立ち上がった時、長時間歩いた時、朝起きて歩き始めた時などに比較的多いです。寝ている時はあまりないようです。軽度のものであれば、問題なく生活できますが、重度になると、痛みで歩行ができなくなることもあります。

坐骨神経痛の原因

先ほど申し上げましたように、坐骨神経は、単独の神経ではなく、腰の脊柱管の中を通っている神経が、腰を出て足に向かう途中で何本も束(たば)になって坐骨神経を形成します。

腰から出た神経が、何本も合わさって坐骨神経を形成します。

腰に何らかの原因があり、坐骨神経を形成する神経のうちのどれかが障害を受けると、坐骨神経痛を引き起こします。

また、腰に原因がなくても、腰から出て束になった後の坐骨神経そのものに原因がある場合でも当然坐骨神経痛は起こります。

ただし、圧倒的に多いのは、腰が原因の時です。

代表的な疾患は、腰椎椎間板ヘルニア腰部脊柱管狭窄症です。

これらについては、それぞれ別の記事で詳しく解説していますので、ここ⬇︎をご参照ください。

腰に原因がなくても、腰から外に出て束になった坐骨神経そのものに原因がある場合でも、坐骨神経痛は起こります。

まず比較的若い方に多いとされているのが、梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん)という疾患です。

梨状筋(りじょうきん)は、お尻の深いところにある、骨盤と股関節をつなぐ筋肉です。

坐骨神経は、腰から出た後、太い束になったら、この梨状筋の下を通って足の方へ向かいます。

この梨状筋が硬くなったり、こり固まったりすると、坐骨神経を圧迫し坐骨神経痛を引き起こすことがあります。

このような状態を、梨状筋症候群といいます。

あと非常に稀ですが、上記以外で、坐骨神経痛をきたすものとして以下のものがあります。

外傷によって坐骨神経痛を直接痛めた場合

せぼねの感染症

せぼねの腫瘍(腫瘍)

糖尿病

坐骨神経痛の治療

どのタイプの坐骨神経痛であろうと、軽症のものは、経過観察もしく内服薬で治療します。

内服薬は、せぼねの病気と同じものを使います。

内服薬については、ここ⬇︎でまとめていますので、ご参考にしてください。

内服薬でも症状の改善が得られない場合は、ブロックや手術を検討します。

腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症では、ブロック注射の適応がない場合も多く、内服薬が効かず症状がとてもつらい時には、手術を検討します。

一方、梨状筋症候群の場合は、手術になることはめったになく、梨状筋ブロックという注射による治療をまず行います。

梨状筋に直接針を刺して、麻酔薬を注入することで、梨状筋の真下にある坐骨神経にまで薬が浸透し、症状の改善が期待できます。

最後に

このように、坐骨神経痛といっても、原因は複数あります。

症状が軽度の場合は、案外自然に治ることも多いので、しばらく様子をみていてもいいでしょう。

症状が強い場合や長期間続く場合には、正確な診断をつけるためMRIが撮れる脊椎の専門施設を受診しましょう。

日本脊髄外科学会の認定医がいる病院は、ここ⬇︎から検索できます。

今回は、坐骨神経痛について解説しました。

この記事が、皆様の何かのお役に立てれば幸いです。

おわり

遠藤へ手術についてご相談をご希望の方は、手術相談外来を予約してください。現状で、手術が必要かどうかの判断なども相談可能です。

予約専用ダイヤルにてお申込み下さい。
予約専用ダイヤル 0294-52-8529(受付時間13:30~17:00)

病院の公式ホームページにも詳細を載せております。ご参照ください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる